イエメン

  • ¥ 3,120
  • イエメンハラズ地区ワディセイル村モカガーリブ・アルハッマーシ嫌気性発酵ナチュラル 2019/20(2020.8入港 ニュークロップ) 浅煎りまたは中深煎り 120g ※こちらは120g価格ページとなります。150gページは他商品ページとなります 去年取り扱いをしていたイエメンモカハラズワディセイルガーリブファーマーズロット(生産者ガーリブ・アルハッマーシ氏)のニュークロップは嫌気性発酵プロセス(乾燥前に48時間嫌気性発酵)を行っているものが入港しました。 ガーリブ氏のイエメンは去年、浅い焙煎領域では新感覚なワイニー感があり、焙煎を進めていくに従いカラメルのようなフレーバーが現れ、素晴らしいものでしたが、今期のcropについては浅い焙煎領域からイエメンの往来のモカフレーバーとともに熟成香を伴うアルコールフレーバーが現れ、嫌気性発酵によりイエメンのテロワールを強く感じられるより素晴らしいものになっている印象を受けました。往来のイエメンのテロワールを探し求めているような方にも非常にお勧めできるようなものです。 coffee澪音では浅煎りと中深煎りを推奨焙煎度にし、ご提供致します。 浅い焙煎領域では、干し葡萄、干しプルーン、赤ワインのような酸とともに熟成香とコクを伴い、蒸留酒のような余韻をほんのりと感じられるワイニーな味わいを。 焙煎を進めていくに従い、酸味は消失しコクと熟成香を増していき、カラメルのような風味、ビターチョコレートのようなコクをもたらし、ブランデーやシェリー酒をも彷彿とさせる長く続くアルコールの余韻 浅煎りも中深煎りどちらもおすすめです。 イエメンは、珈琲発祥地でありながらも、長く続く紛争により、珈琲栽培を諦め覚醒作用がある植物栽培へ移行する生産者が多く、イエメン珈琲自体の輸出量が激減しています。そのような中、高品質なイエメン珈琲を栽培することに尽力しているガーリブ氏のイエメン珈琲を今期もぜひお楽しみください

  • ¥ 3,900
  • メンハラズ地区ワディセイル村モカガーリブ・アルハッマーシ嫌気性発酵ナチュラル 2019/20(2020.8入港 ニュークロップ) 浅煎りまたは中深煎り 150g ※こちらは150g価格ページとなります。120gページもございます。120gをご希望の方は他商品ページよりお願い致します 去年取り扱いをしていたイエメンモカハラズワディセイルガーリブファーマーズロット(生産者ガーリブ・アルハッマーシ氏)のニュークロップは嫌気性発酵プロセス(乾燥前に48時間嫌気性発酵)を行っているものが入港しました。 ガーリブ氏のイエメンは去年、浅い焙煎領域では新感覚なワイニー感があり、焙煎を進めていくに従いカラメルのようなフレーバーが現れ、素晴らしいものでしたが、今期のcropについては浅い焙煎領域からイエメンの往来のモカフレーバーとともに熟成香を伴うアルコールフレーバーが現れ、嫌気性発酵によりイエメンのテロワールを強く感じられるより素晴らしいものになっている印象を受けました。往来のイエメンのテロワールを探し求めているような方にも非常にお勧めできるようなものです。 coffee澪音では浅煎りと中深煎りを推奨焙煎度にし、ご提供致します。 浅い焙煎領域では、干し葡萄、干しプルーン、赤ワインのような酸とともに熟成香とコクを伴い、蒸留酒のような余韻をほんのりと感じられるワイニーな味わいを。 焙煎を進めていくに従い、酸味は消失しコクと熟成香を増していき、カラメルのような風味、ビターチョコレートのようなコクをもたらし、ブランデーやシェリー酒をも彷彿とさせる味わい。 浅煎りも中深煎りどちらもおすすめです。 イエメンは、珈琲発祥地でありながらも、長く続く紛争により、珈琲栽培を諦め覚醒作用がある植物栽培へ移行する生産者が多く、イエメン珈琲自体の輸出量が激減しています。そのような中、高品質なイエメン珈琲を栽培することに尽力しているガーリブ氏のイエメン珈琲を今期もぜひお楽しみください